制服向上委員会オフィシャルサイト

制服向上委員会オフィシャルサイト

ユニット紹介

トップ > ユニット

ユニット紹介

制服向上委員会 寿隊   PANTA&中川五郎 with SKi   
橋本美香                

制服向上委員会
画像
制服向上委員会(略称:SKi)



「歌える場所があればどこへでも」の精神でライブとボランティアを中心に活動。
女子グループとして日本最長の結成25年目。


1992年秋、"清く正しく美しく"をモットーにグループ結成。毎月開催する「制服の日」コンサートを中心に毎年、学校の先生方を招いて行なわれる"制服ファッション・ショー"やモーツァルトの"ドン・ジョヴァンニ"、ヴェルディの"アイーダ"等のミュージカル公演をプロデュース。1995年に独自のレコード会社をスタートさせ、現在までにグループ、ユニット、ソロを含め57枚のCDアルバムをリリース。1997年より「協力して下さる多くの方の善意に責任を持って」をコンセプトに「SKi基金」を設立し、児童養護施設や福祉施設を始め、熱帯森林保護団体(RFJ)、アムネスティ・インターナショナル日本支部、ベトナムの平和村(注1)に基金より一部を贈呈。現在までに実施した社会活動は「いじめ追放のデモ行進」「携帯電話の使用規制」、渋谷区の「ポイ捨て禁止キャンペーン」、新宿区の「歩行喫煙禁止キャンペーン」「ストーカー法施行署名運動」、日比谷野外音楽堂での「イラク戦争反対集会」、東京大学弥生講堂にて「市民立法で守る野生生物」シンポジウムへの出演、参加、等の他マナーの悪い自転車のルール作りを訴える。
2011年6月に初披露した「ダッ!ダッ!脱・原発の歌」(注2)が、YouTubeで大反響を呼び、制服向上委員会は脱原発の想いを抱く全国の方々の注目を集める。その後、会長の橋本美香と共に6万人が集った9.19「さようなら原発1000万人アクション」2012年1月「脱原発世界会議」他、様々な脱原発アクションに参加。今後も“脱原発”“親の幼児虐待”“米軍基地はいらない”“憲法9条”“世界禁煙デー”他をテーマに社会派アイドルとして、普通の女の子として、メッセージを発信して行きます。     2016.10.4  現在                  

〈注1〉ベトナム戦争時に、アメリカ軍により大量散布された枯葉剤の被害により、その後遺症に苦しみながらも社会復帰を目指す若者たちの施設。〈注2〉福島原発事故の被害者である酪農家の方へCD1枚につき300円を寄贈。

 
                                   

・レパートリー        約1400曲
・CDアルバム              42枚
・CDシングル              14枚
・学校制服の紹介点数  約 3800点 
・グループ活動で制服をリニューアルした学校      13校


私たちは活動コンセプトにより、地球環境にふさわしくない広告(CM、イベント他)には一切出演致しません。


グループでは「売れる」事でなく、自分に合った道を探す事を目的としています。
従って「誰かの心に輝く存在」としてのアイドルを追求します。



The SKi: its history and activities so far

The SKi stands for, in Japanese, "Seifuku Kojo Iinkai" which literally means Better School Uniform Project. Using the same acronym, we call our group as "the Sympathy Keeping Institution" in English. We believe this name, admittedly a Japanised English, shows the gist of our group's underlying philosophy.
The SKi was established in 1992 with slogans such as "Pure, Just and Beautiful" and "Love, Courage and Compassion". Main activities of the group have been live performances and volunteer activities.
We founded the SKi for two reasons. First, we would like to inform Japanese high school community the need to renew their school uniforms. Installation of air-conditioning in many high schools meant that old-style uniforms had become redundant, too warm in winter but too cold in summer especially for girls.
Second, we would like to fire a warning shot across Japanese entertainment industry's entrenched sexism and misogyny. Since the 1980s, many TV comedy programmes contained degrading sketches in which young girls were mocked, slapped their head and dragged by their hair by male comedians. These girls' burning desire to be famous TV personalities was exploited by the industry. Many of these girls were mentally as well as physically spent beyond exhaustion, chewed up and disappeared into oblivion. In order to make people realise this horrific exploitation and ring alarm bells against this entrenched sexism and misogyny, we have set up the SKi, written and composed vast numbers of songs in various genres and actively participated in many social and political issues.


Songs and related activities
 Titles Related actions

1 Declaration of Better School Uniforms
(制服宣言/Seifuku Sengen) School uniform fashion show for school communities

2 Unconscious Bullying
(知らないうちにいじめてる/Shiranaiuchini Ijimeteru) "Rally to end bullying at school"
We made a point via this song that we must be careful what we say to others. We might be hurting others even if we have no intention.

3 The Black Eyes
(黒い瞳/Kuroi Hitomi) We organised a fact-finding tour (with the support and participation of the SKi fan club) to the Peace Village in Vietnam where the victims of Agent Orange are housed and cared. The members were able to see the devastation caused by Agent Orange first hand. After returning to Japan we organised symposia and exhibitions.

4 Got to Do Something
(何かのために/Nanikanotameni) This is a song for institutionalised children. We also organised a bus tour for the children living in children's home to go to and enjoy hot springs.

5 End Smoking in Public Areas
(歩行喫煙禁止/Hokoukitsuenkinshi) As many Japanese still smoke in public places even on very crowded streets, many of us have had horror experiences to get burns to skin and clothes. We felt this must be stopped and thus organised "Clean-up Shinjuku" campaign.

6 Disagree? Agree? Acid Rain
(賛成?反対?酸性Uhoo(雨)!/Sansei Hantai Sanseiu) Nuclear tests in China and India since the 1960s resulted in acid rain which killed large ancient trees and triggered outbreak of hay fever of epidemic proportion in Japan. We organised fact-finding tours around Mt Fuji and other places and appealed to the public to end nuclear tests.

7 Stop! Stop! Stop!
(STOP!STOP!STOP!) Every year, there are more than 30,000 cases of suicide in Japan. Some of them are children and youths. This song is dedicated to them and also appealed to them with following messages: "Please share with your feelings with others. You don't have to suffer by yourself. And please do think for a moment about children who had to die young because of illness despite their wish to live longer life and cherish the day".

8 Wave Your Handkerchief
(クルクル・ハンカチーフ/Kuru kuru Hankachifu) Elite athletes often say "we are aiming only for the top" or "the only colour of medal that matters is gold". However, we reckon participation, processes, efforts and friendship do matter more than winning or losing.

9 The Kayapo
(カヤポ/Kayapo) English musician Sting started things rolling for the conservation of the Amazonian rainforests and protection of native peoples' ways of life. A Japanese NPO, Rainforest Foundation Japan (RFJ), is doing a fantastic job in Japan for this cause. We made this song of, and for, the Kayapo people of the Amazon Basin to support the RFJ's activities.
"It has been there since time in memorial
The Kayapo's songs, the Kayapo's love
Living peacefully together with pristine nature"

10 Bye-Bye Television
(TVにさようなら/Televini Sayounara) Manufacturers would like to convince us that a larger and more sophisticated prism television set brings brighter future and thus encourage us to buy new one. The government's policy to switch off analogue waves was to actively aid and abet the industry. However, isn't it a dangerous idea to prioritise economic development at the expense of other important issues?
"Turning off the television set,
Then you'll realise how precious your time is,
And how worthwhile your life would be"

11 Love the Earth
(地球に愛を/Chikyuni Aiwo) Human's greed has brought us destruction of mother nature. However, mother nature's power is such that it would be us humans which would eventually be destroyed.
So, we've got to live with, and within the limit of, the earth.


Other prominent message songs:

 End, end the nuke power!
( ダッ!ダッ!脱・原発の歌/Da Da Datsugenpatsuno Uta) Immediately after the Fukushima nuclear disaster, many  government officials and TEPCO executives were reported to get their family members out of the Tokyo area for safety while ministers were telling ordinary people "there is no immediate adverse effect".
This is a song of our rage towards such evil and hypocritical act by the government as well as informing the public the horror of nuclear accident.

 A Giraffe
(きりん/Kirin) A zoo is a fun place. We can meet many exotic animals from all over the world. But are animals in a zoo living a happy life?
 
Happiness that Money Can & Cannot Buy
(お金で買える幸せ 買えない幸せ/Okanedekaeru Shiawase Kaenai Shiawase) A song to make people think about what the true happiness is.

 Hate a Crime: Can You Forgive Someone Who Commit a Crime?
(罪を憎んで/Tsumiwo Nikunde) Imagine someone committed a crime and brought misery to you or someone who is close to you. Can you forgive this person if s/he serves her/his days and years in jail?

 Long, Long Night
(長い夜/Nagai Yoru) Even if you see and hear the same thing, you and I may have different understandings and viewpoints on the issue.
Each nation state has its own interpretation of history and this could lead to disputes. We have to accept each other's point of view as legitimate if we are to prevent disputes escalating to a war.

 Volunteer Spirit
(Volunteer Spirit) Volunteer activity should not be something that you are forced to do it or that you do it in order to enhance your reputation or grade. You should do it in accordance with your ability and at times of your own choosing.

 The Happiest Child in the World
(世界で1番幸せ/Sekaide Ichiban Shiawase) In this song, a mother is accusing a father of not spending enough time with family. The father, in turn, insists his job as his priority. He says it is mother's job to take care of family. Children are caught between warring parents. Who is right?

 Mom a Producer
(ママはプロデューサー/Mamaha Purodusa) Critical look of "stage moms" (and dads)

 It's Money, Isn't It?
(金目でしょっ!/Kanemedesyo) Politicians with vested interests are always buying their way with money. And a quite a few people oblige. This is a song to have a critical look at lobbyist-politician relationship.

 Run SKi, Run!
(走れ!走れ!SKi/Hashire Hashire Esukeai) In a historical dramas and fantasies, heroes such as Robin Hood or Scarlet Pimpernel defeat the evil, help the poor and save the world. In reality, there are no such heroes and we are on our own.


Other activities
Live performances: We perform live concerts at least once a month. The December 2014 live was our 512th live concert.

Volunteer activities: We regularly visit children's homes for those without parent or those with disabilities. We sing our songs, give some presents and share a good time.

Social/political events: We have been invited to socio-political events and rallies such as anti-nuclear power, anti-war, anti-tobacco, promotion of human rights, defence of Japan's peace constitution, abolition of capital punishment, preservation of the eco-system in general and the Amazonian rainforest in particular to name a few.

Music CDs: We've issued 55 titles during past 23 years. We have more than 1300 repertoires. As well as our original songs, we have covered songs from jazz, rock music, country & western and blues.

SKi Foundation: Established in 1997, our fans and supporters have made donations so that we can organise visits to children's homes as well as nuclear refugees from the Fukushima disaster.


1992年に「清く正しく美しく」「愛と勇気と思いやり」をモットーに結成。
LIVEとボランティアを中心に活動を始めた。
グループ結成の背景は主に二つで、一つは冷暖房が完備された教室では古い制服では夏は寒く冬は暑く、時代にそぐわない事を学校関係者に知らせ、制服のリニューアルを提唱する事。もう一つは、日本で長く続く女性蔑視に対し、警鐘を発信する事です。「アイドルになりたい」「TVに出たい」と安易な夢を抱く多くの女の子が、お笑いタレントに頭を殴られ、蹴られ、髪を引っ張られるシーンが80年代から横行し、結果、芸能関係者にお金や身も心も弄ばれ消えていく構造が出来上がっていました。
「気付かない人に提言を!」「女性蔑視に警鐘を!」
この2つを発信する為に多くの歌を作り行動を起こし現在に至る。

<歌> <行動>

1、「制服宣言」           
  →学校関係者だけを対象に
   「制服ファッションショー」

2、「知らないうちにいじめてる」
  →無意識に発言した言葉で人を傷つけている事をアピール
    「いじめ追放デモ行進」

3、「黒い瞳」              
  →ベトナム戦争での枯葉剤の被害状況をレポートし日本国内で展示&トークイベント
    「ベトナム平和村レポート・ツアー」

4、「何かのために」          
  →施設で暮らす子供たちに魚のつかみ取りや温泉旅行を体験してもらうイベント
   「水上温泉バス・ツアープレゼント」

5、「歩行喫煙禁止」          
  →混雑する街でタバコを吸いながら歩く人のお陰で、やけどや服に穴が開いたりして
   もう許せないと新宿東口でスタート  
   「新宿東口美化運動」

6、「賛成?反対?酸性Uhoo(雨)!」
  →60年代から続く中国、インド他による核実験により、大木が立ち枯れする程強い放射能
  入り雨が、ある時は花粉となって人々を襲う事を危惧し、富士山他の被害状況をレポート
   「核実験反対!」

7、「STOP!STOP!STOP!」      
  →毎年三万人を超える自殺者。あまりにも簡単に死を選ぶ同世代へ悩みは一人で抱えず相談し
  て欲しい、生きたくても生きられなかった多くの子供たちの命の事を考えて欲しいとアピール
   「自殺防止キャンペーン」

8、「クルクル・ハンカチーフ」    
  →"金メダル以外興味ありません" "絶対世界一になります"等々今年のサッカーブラジル大会
  に参加した日本選手も異口同音に「頂点に立つ」と発言しているが、大切なのはプロセスで
  あり、友情であり関係で、勝ち負けはどうでも良いと歌った曲。
   「勝つ事だけが目標じゃない!」

9、「カヤポ」               
  →イギリスの歌手スティングが始めた、アマゾンの熱帯森林を守り、そこで暮らすネイティブ
  の生活を保護する運動を、日本のNPO"Rainforest Japan"が引き継いでいますが、
  その運動をお手伝いする為に作った曲。
  ♪みんなが生まれる前からいるカヤポの歌 カヤポの愛豊かな自然と共に生きる♪
   「熱帯森林を守ろう!」

10、「TVにさようなら」 
   →経済優先でハードを次から次へと変え、大画面や液晶が明るい未来という考えが危険な
   事をアピール。♪TVを見ないと見えて来る 大切な時間と私の人生♪
    「地デジ化反対ソング!」     

11、「地球に愛を」           
   →欲に溺れた人間の行動が多くの自然破壊を招くが自然の力は大きく、人間は敵わないので
   地球と共生しなければならない。
    「地球との共生を!」


◎ その他主なメッセージ・ソング

・ 「ダッ!ダッ!脱・原発の歌」
→政府関係者だけが我先にと逃げ、国民には「直ちに人体に影響はない」と言い続けた悪政に
  怒り、原発事故の恐ろしさを訴えた曲。

・ 「きりん」            
→世界各国の動物に会える楽しい「動物園」だが、そこにいる動物の気持ちは?

・ 「買える幸せ買えない幸せ」
→何が本当に幸せなのかを考えよう!をテーマに作った曲

・ 「罪を憎んで」
→愛してる人を不幸に陥れた犯罪者が 罰を受ければ許せるかをテーマにした曲。
  罪を憎んで人を許せますか?

・ 「長い夜」           
→同じ事を見ても聞いても学んでも、あなたと私は全く別で、だから国があり争いがあるが、
  互いを認め合う事が大切であると訴える曲

・「Volunteer Spirit」       
→人から言われたり学校の点数稼ぎで関わると相手を傷つける事になるので、やりたい時
  やれる事を無理しないでするのがボランティア・スピリットと歌う曲

・「世界で1番幸せ」       
→仕事と家庭とどっちが大切なのかを争う両親と子供をテーマに作った曲

・ 「ママはプロデューサー」  
→世の中のステージ・ママ&パパを揶揄した曲

・ 「金目でしょっ!」      
→利権に溺れる政治家と国民を歌った曲

・ 「走れ!走れ!SKi」      
→時代劇には悪徳商法や商人を成敗する正義の味方がいるが、
   現実の社会にはいない事を訴えた曲


制服向上委員会のその他活動は

・ 定例LIVE…毎月1回「制服の日」として開催していて
          2015年7月で第515回目となります。

・ ボランティア…親の都合で捨てられた子供や交通遺児の施設並び
           重度の障がい者の方が暮らす施設他定期的に訪問し、
                  歌やケーキのプレゼントをしています。

・ 各種イベント…原発反対、憲法を守ろう、人権を守ろう、
           アマゾンの熱帯森林を守ろう、冤罪事件、
           動物の生態系を守ろう、他多くに参加。

・ CDリリース…現在までに55タイトルでオリジナルから
           JAZZ、ROCK、カントリー、ブルース他のカバーも
                 多く取り入れています。

SKi基金…1997年に「善意ある方の気持ちに責任を持って」のコンセプトで作った独自の基金。
       各地の施設を訪ね、歌と基金の一部をプレゼントしている。

上に戻る
橋本美香
画像

1980年生まれ。シンガーソングライター。15歳で制服向上委員会のメンバーとしてデビュー。以来20年に渡り制服向上委員会で活動(5代目リーダー、2代目会長、現 名誉会長)。制服向上委員会メンバーとして数々の社会活動に取り組み、3.11以降には6万人が集った9.19「さようなら原発1000万人アクション」2012年1月「脱原発世界会議」他、様々な脱原発アクション、憲法9条を守ろう等の催しに参加。作詞、作曲の他に、司会や執筆も行っている。著書に「脱がない!媚びない!NOと言えるアイドル」(2012年、ヤマハミュージックメディア)、CDは制服向上委員会作品の他に、ソロでアルバム「かれん」(2001年)「グレイトフル・デッドを聴きながら」(2011年)、シングル「みかづき」(2001年)「お墓参り」(2006年)。2014年に出産し、現在は一時の母として活動を行っている。2015年11月18日 田中未知プロデュース 寺山修司の未発表作品を含む全17篇、「もし、ママになろうとしていたら」をテイチクエンタテインメントよりリリース。2015.12月現在  

【略歴】
1995年 制服向上委員会のメンバーとしてデビュー
1998年 制服向上委員会5代目リーダーに就任
2002年 制服向上委員会2代目会長に就任
2006年 制服向上委員会を卒業
     女性DUOユニット「THE DUET」を結成
2008年 Petty Bookaとして活動。SXSW出演。米ツアー
2010年 制服向上委員会の再始動と共に再び会長に就任
2015年 制服向上委員会 名誉会長就任
        ソロアーティストとして活動


【Discography】
「みかづき」1st.マキシシングル 2001.6.1
「かれん」1st.CDアルバム 2001.10.1
「お墓参り」2nd.マキシシングル 2006.4.1
「グレイトフル・デッドを聴きながら」2nd CDアルバム 2011.3.1
「ダッ!ダッ!脱o原発の歌」C/W「原発さえなければ」2011.8.15
   他 1996年から2013年 制服向上委員会作品 等
※ユーキャン/コンピレーションアルバム
「カーペンターズフォーエバー」2010.1.13

◎最新作「もし、ママになろうとしていたら」2015.11.18
(テイチクエンタテインメント)



【BOOK】 
※ヤマハミュージックメディア/著書
「脱がない、媚びない、NOと言えるアイドル」2012.3.21



【出演依頼等】   

アイドルジャパンレコード
TEL: 042−438−6917 お問合わせページからも可能です
メールinfo@idol-japan-records.net

上に戻る
寿隊
画像
2015年7月22日
「終わりよければ全てよし」テイチクエンタテインメントよりリリース!
詳細はリリースページにて

今年で結成23年のアイドルグループ・制服向上委員会。グループ内のユニット活動も活発だが、なかでも特に長い歴史を誇るのが、1994年から活動している“寿隊(ことぶきたい)”だ。ロック、ポップス、バラードなど多彩なオリジナル曲約50曲を持ち、現在までに4枚のアルバムをリリースしている。環境問題や社会問題に積極的に取り組んでいるのも特徴で、自然や動物との共存の大切さをテーマにしたレパートリーも。
PANTA&中川五郎 with SKi
画像
JAPAN ROCKの歴史と共に歩む頭脳警察の"PANTA"と、中津川フォークジャンボリーや西口フォークゲリラから現在までフォークの生き字引として君臨する"中川五郎"、そしてライブとボランティアを中心に活動するアイドルグループ"制服向上委員会"が2004年に結成した異種混合メッセージ・グループ。時代が生む社会的問題をテーマに歌い叫び現在までに3枚のシングルをリリース。2014年日比谷野音での"NO NUKES NO WAR LIVE"で久々にステージに立ち、年末のIJR 7days Liveにて完全復活。

☆LIVE映像☆

理想と現実(2014年日比谷野外音楽堂 ANTI WAR LIVEより)

PANTA&中川五郎 with SKi feat.橋本美香
作詞:中川五郎 作曲:PANTA
上に戻る

制服向上委員会オフィシャルサイト

copyright(c) idol-japan-records Allrights reserved.